健康的な食事をサポートする宅食サービスについて

宅食にかかるコストと注意点

宅食サービスにかかるコスト

宅食サービスには送料などの手数料がかかるため、自炊に比べると高価になってしまいます。
料理が得意で、日常的に自炊をするという方にとっては、あまりメリットが無いかもしれません。

普段自炊をほとんどせず、コンビニ弁当等で済ませてしまう方であれば、一食当たりの値段はほとんど変わらない場合もあります。
宅食はコンビニ弁当に比べると健康的なメニューが多いため、置き換えてみるのも良いでしょう。
普段食事にかけている金額と比べ、どの程度の差があるのか計算してみましょう。

また、自炊や買い物と比べると、確実に時間短縮になります。
食事にかける時間を大幅に省き、空いた時間を自由に使うことができます。
手間や時間について加味し、自炊と宅食のどちらが生活スタイルに合っているのか、考えてみましょう。

好き嫌いや期限に注意!無駄のない使い方

宅食サービスのほとんどが、会社側でメニューを設定しています。
メニュー内容の傾向は会社によって異なるため、注意が必要です。
好き嫌いが激しく、食べられない物の多い方には、向いていないかもしれません。
また、一食分がきっちりパックされているため、量を調節するのが困難です。
小食の方は1セットの量がどの程度なのか、事前に確認しておきましょう。

さらに、長期保存がきくか否かも重要なポイントです。
冷凍食品であれば、保存しておいて必要な時に食べることができます。
冷蔵食品や出来立てのお弁当を届けてくれる会社の場合、早急に食べきらなければいけません。

せっかく注文した食事を無駄にしてしまわないよう、出来るだけ長く保存できるものをおすすめします。


この記事をシェアする